【第386回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:8月18日(木)18:00~20:00

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:7名

 

■内容:模擬授業等

(1)学びレポート「夏の学び~元気が出ることをするぞ~」

(2)学びレポート、図形の教材研究

(3)事例研究、席替えを要求する子への対応

(4)講座、ASDのS君との出会い

(5)講座、サマーセミナーの井上好文先生講座の分析

(6)講座、移動教室の事後学習

(7)講座、数学、三角形の合同の証明

(8)学びレポート、1学期にやったこと

(9)学びレポート、1学期行ったこと&夏休み中の学び

(10)感想発表

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.守屋先生、このような企画をありがとうございました。それぞれの先生方がこんなふうに努力されているのだ、ということが勉強になりました。

2.石川先生が教室で行う授業をオンラインでしてくださり新鮮でした。先生の声や目線には、生徒に「ちゃんと授業受けなきゃ」と思わせる雰囲気があり、見習いたいと思いました。

3.石川先生の合同の証明の授業、楽しかったです。教科書では証明を扱う場面ではないページですが、そこであえて証明を教えていくのが新鮮でした。必要に応じて、また子どもの思考に沿って、指導の順番を意図的に組み替えていくことを学びました。「使えそうな条件を黒板に沢山貼っておく」というお話も印象的でした。選択肢が見える状態にあれば、低位の生徒も考えやすくなると思います。ありがとうございました。

4.江成先生の井上先生の分析に刺激をうけました。サマーセミナーの映像限りある日程の中で井上先生の映像最低10回見ようと思いました。

5.守屋先生の女の子の相談とSくんの報告を聞き、自分も上手くいかなかったことや現在進行形の内容を持ってくるべきだったなあ、と思いました。次のチャンスにいかしたいです。

6.鵜飼先生レポートで鵜飼先生が家で授業の練習するなど十分に準備をして臨まれていることが、数学の苦手な生徒が積極的に参加するようになったことにつながっているのだと思いました。

7.野口先生の校外学習の事後振り返りも印象的でした。子ども達の生き生きとした写真や文章がとても素敵でした。指導時間はたった5分。やはり良いモデルを見ると、それに近づけたいという気持ちになり、効果はとても大きいのだと思いました。

8.みなさんの夏休みに考えていたことや学んだことなどを聞かせていただけて、夏休みが終わってからの学校が楽しみになってきました。みなさんからのコメントも勉強になりました。ありがとうございます。守屋先生!この機会をいただき、本当にありがとうございました。

 

【第385回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:8月16日(火)19:30~22:30

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:13名

■内容:模擬授業等

(1)プチ講座、教えて野口先生!

(2)模擬授業、B表、視線入力

(3)模擬授業、社会、税

(4)模擬授業、国語、具体と抽象

(5)模擬授業、社会、過疎と宇治茶

(6)模擬授業、社会、中国の工業

(7)相談、やんちゃ生徒対応

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.宮田先生、企画どうもありがとうございました。私は、サマーセミナーにも参加していませんが、今回の例会の内容をかなり理解することが出来ました。宮田先生が、発問の内容をあらかじめ精選してくださり、参加していない人にも分かりやすくおっしゃってくださったおかげだと思いました。

2.野口先生のサマーの授業がどのようにつくられたのかを知ることができ、とても勉強になりました。一番印象に残ったのは「削る」作業の凄さです。削るというよりは、本当に削ることの出来ないものを選ぶ、という方が本当かと思いました。野口先生がつくられた200を超える大量のスライド、しかも、緻密な作業によって手間かけてつくられたスライドのほとんどは使われていなくて、でもそのようなバックボーンがあってこそ、素晴らしい授業ができるのだということを実感しました。授業は、改めて野口先生の日々の営みが結集してできたものなのだなあと感銘をうけました。

3.野口先生のサマー講座の裏側と授業作りの盛りだくさんの工夫を学べてよかったです。意外と要約の授業はされていない,ことにはびっくりでした。それでいて,生徒が力をつけるように,学び方を普段から授業で仕組まれているんだなぁと思いました。自分も挑戦していきたいと思いました。

4.守屋先生や宮田先生の、社会科で討論につながる話し合いをする活動を通じて、自分の中に考えができていった。取り入れたい。国語のシンプルに教えた後、最終的に説明文につなげる野口先生の代案も取り入れたい。模擬授業を通して、みなさんの感想から自分の授業に必要なことを気づくことができた。参加できて、学びがとても多かった。ありがとうございました。

5.授業と生徒指導についてお話を詳しくうかがうことができ、とてもありがたかったです。野口先生皆さんのご意見感謝いたします。またお邪魔させてください。ありがとうございます。

6.今日は小野先生のお話に大変共感をいたしました。私も毎日同じような悩みを抱えて生活しております。野口先生や皆さんのコメントにも納得ができました。小野先生にぜひまたサークルにお越しになっていただきたいと思いました。

7.荒川の会サークルの温かな空気、サークルメンバーの方々の学ばれる姿勢に大変刺激をいただきました。野口先生が先頭に立ち、学ぶ背中を見せることと学びを共有することを続けてこられたこと。そして、温かく包み込まれてきたからこその空気と姿なのだと思いました。同じくサークルの代表を務めるものとして、野口先生のサークル運営が大変学びになりました。練習会とサマー本番での授業の変化に最も驚いたのが私だと思います。船のイラスト作りや著作権との戦いなど、裏話を聞くことができ楽しかったです。

 

【第384回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:8月13日(土)20:00~22:10(22:50まで懇親会)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:9名

■内容:模擬授業等

(1)プチ講座、小学校奮闘記

(2)模擬授業、社会、万世一系の天皇とジェンダー平等

(3)模擬授業、数学、オンラインで二次関数

(4)模擬授業、数学、数の利用と人類の発展

(5)模擬授業、数学、GeoGebraを使った二次関数のグラフ

(6)模擬授業、社会、宇治茶の価値

==懇親会==

(7)出雲大社と神話の関連について

(8)検定者として他教科の授業のコメントをする際の準備について

(9)ハイブリッド例会の準備について

(10)他

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.伊藤拓也先生の講座では、子どもから何度も拒否されても、試行錯誤してその子のために様々な手立てを打たれていること、それによって子どもが変化していったこと、感動しました。手を尽くす、の次元が違うと思いました。また、1つのことができるようになると、他のことにも繋がっていくのだということも分かりました。中学から小学校の先生へとなられて、沢山の教科を同時に受け持つだけでも大変なのに、1人の生徒にここまでされていること、そして結果を出されていること、尊敬します。

2.拓也先生の講座では、向山先生の「一人の例外もなく」を実践されていて感銘を受けました。私なら挫折するか、怒るかしてしまうところを忍耐し、そして、その子のために時間と労力をかけ調べ、そして結果に出す。背中を追いたいと思いました。

3.野口先生の天皇の授業で、改めて天皇の仕事、ご存在の意味を日本人が知らないと思った。TOSSで学んでいる教師でさえ知らないのだから、ほとんどの日本人が知らないと考えられる。最高に楽しい授業だった。

4.野口先生の天皇の授業を再び見させていただきました。授業の後に、その中の一部を切り取って更に授業をして下さいました。その他のどの部分を切り取っても更に踏み込んだ授業ができるということで、教材研究の深さ、授業作りの深さを感じました。コンテンツの美しさにも引き込まれました。300枚近くのスライドから絞って絞ってあのスライドが選ばれてきたのだと思い、どこまでも拘って授業を作られるお姿に、改めて感動しました。

5.江成先生 数学の世界 数学の世界を、それが発展してきた時系列で紹介していく、大変面白い授業でした。数学的なドラマだけでなく、人のドラマも欲しいです。すると、数学が苦手だったり、とっつきにくい子も、数学に興味を持ちやすくなります。江成先生のことですから、これからまたすごい授業に進化していくのでしょうね。この広大な数学の世界をどう授業するのか、楽しみです。

6.山下先生の授業では、宇治茶というブランドについての授業がとても興味深かったです。地元の鹿児島茶と宇治茶のブランドの比較をしながら宇治茶のブランドの価値が語られていました。野口先生のコメントで「言いたいことから逆算する。」というコメントがありました。そうすると最後の写真を最初に持ってくるというお話がありました。授業の作り方を教わりました。

7.数学の授業では、何のためのICTなのか、それを使うことが目的になっていなか、という話が印象的でした。目的を間違えずに、様々な手段を持ち、その中で必要なことを選んで、子どもの力になる授業を目指したいです。

8.数学チームはオンラインで授業にトライしていた。挑戦することが素晴らしい。検定にも挑戦している。授業をしないとね。

9.『何が言いたいか』、それを決定させてから、授業を組み立てる。分かってはいますが、知識の羅列になってしまっています(2学期の授業)。もう一度意識します。

10.町田先生と野口先生の出雲大社のお話とてもおもしろかったです。日本の宮大工等がやおろずの神を生かしているのがおもしろいです。神田明神にお参りしたいです。

11.久しぶりの荒川の会(1年ぶりくらい!?)、とても楽しかったです。久しぶりにお会いする皆さんの腕が上がっていて、驚きました。特に、野口先生のコンテンツの作り込みが、凄かったです。写真の選定、見やすいフォント、デザイン、アニメーション等を駆使した見やすくするための配慮。見ていてストレスがなく、内容に集中できました。野口先生は十分授業がお上手(私のお師匠です)なのに、ここからまだ進化するのか!と(失礼ながら)驚きました。授業のことだけを考える2時間、最高でした。これからも、学ばせてください。

 

【第383回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:7月30日(土)20:00~21:40(22:25まで懇親会)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:8名

■内容:模擬授業等

(1)プリント検討、2学期初日の学活アンケート

(2)模擬授業、数学、二次関数

(3)模擬授業、数学、微分の導入

(4)模擬授業、社会、戦後改革

(5)模擬授業、社会、社会権

==懇親会==

(6)例会の感想とコメント

(7)模擬授業、一次方程式の文章題

(8)谷先生の指導言とその研究方法

 

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.今日もメモが止まりませんでした!

2.大熊先生の語りをお聞きして、まず、大熊先生がこのプリントをつくられたこと自体、クラスのお子さんがこういう質問に答えられるということのだと思い、すごいなあと思います。大熊先生が1学期の生活の中で繰り返し伝えてきたのだと思いました。

3.大熊先生が2学期最初にやること、配布するプリントをもう考えているのがすごいです。野口先生のお話から、相手がそれを受け取ってどう感じるのか、始業式の目的は何なのかということを考える必要があると改めて分かりました。

4.守屋先生の授業、江成先生授業、導入がすごくいいなあ、と思いました、本日もありがとうございました。

5.守屋先生の授業がとても楽しく分かりやすかったです。対応もお上手で、私も見習いたいと思いました。

6.この授業で何が言いたいのか、ということが大切なのだということがわかりました。自分の授業では、先生方がそれぞれ違うキーワードをおっしゃり、このぐらいぶれているのだということがよくわかりました。

7.同じ内容でも、やり方によって楽しくなると感じました。学期の最初、自分だったら面倒だな~と思ってしまうはずです。そこにこのテスト…。このように、『相手目線』という考えが根本的に抜けていると思いました。子どもたちが2学期もがんばろう!と思えるような展開を考えていきます。本日もどうもありがとうございました。

 

【第382回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:7月23日(土)20:00~22:10(22:45まで懇親会)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:12名

■内容:模擬授業等

≪前半・江成先生企画・数学同一教材模擬授業≫

<A多角形>

(1)(2)(3)

<B関数>

(4)(5)(6)(7)

≪後半・通常例会≫

(8)模擬授業、数学、三次元の座標

(9)模擬授業、社会、満蒙開拓平和祈念館

(10)模擬授業、社会、化政文化と歌川広重

(11)夏休み明けの語り

(12)懇親会、例会の感想とコメント

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.同一教材での模擬授業がやはり面白かった。教科書から外れて教材を探すこともやってみたい。模擬授業もたくさん見させていただきました。感謝します。

2.数学同一教材で、様々な指導法を学ぶことができ、1つの教材でたくさんの引き出しを持つことで、授業の幅が広がるなと思いました。

3.江成先生の同一教材模擬授業、とても楽しかったです。授業に参加しない人にぐじを引いてもらうなど、様々な所に配慮が行き届いており、素晴らしいと思いました。

4.同一教材での模擬授業ということで今回チャレンジしました。実際自分で授業をしたからこそ、ほかの先生方の指導法に強い興味・関心をもって他の授業法を学ぶことができました。

5.数学の授業、若松先生、鵜飼先生、町田先生の授業は教科書に沿ってとてもわかりやすく教えてくださっていて、私のような生徒には、安心して受けられました。

6.諏訪先生の授業は苦手な生徒でも自分なりに解くことの面白さを味わいました。

7.江成先生の授業を高校で受けていたら、もう少し数学を頑張れたと思います。すごく難しい内容を楽しく教えるところがすごいと思います。

8.一万円を使った野口先生の授業。題材と野口先生の語り口調も含めどんな生徒も引きつけることができる、ことがすごいと思いました。

9.石川先生の授業で、関数とは何か、ということが初めて納得できました。ブラックボックス見事な導入だと思いました。

10.宮田先生の授業への野口先生の代案が印象に残っています。同じスライドを使って授業を作ってくださるので、授業で大切なことが際立ち、学びが深まります。私も宮田先生のように、粘り強く授業を作らなければならないと思いました。

11.反応が返ってこない時、やはり焦ります。相手目線でないことがわかります。確かに主発問が絞りきれていないままだった。歴史の授業を作るとしたら、身近に興味があることから始めたり、教科書から見つけようとしたが、そこが課題だと思った。

12.大熊先生の語りはいつ見てもその思いの強さが感じられて、引き込まれます。私はここまで思いをこめて日々語っているだろうかと反省します。野口先生のお話にあったように、笑ったあとの方が入るということも意識して、メリハリのある語りを目指したいです。

 

 

【第381回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:7月2日(土)20:00~22:00(22:30まで懇親会)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:7名

■内容:模擬授業等

(1)サマーセミナーのテーマ「学び方」について

(2)模擬授業、数学、一次関数の導入

(3)模擬授業、数学、三角関数のグラフ

(4)模擬授業、社会、情報の二面性

(5)模擬授業、数学、二次方程式の利用

(6)模擬授業、社会、満蒙開拓平和祈念館

(7)模擬授業、数学、立体図形

(8)情報交換、例会の感想と学び

(9)今後のサークル運営について

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.久しぶりの例会でした。野口先生がおっしゃっていた、『指名について』、とても学びになりました。諏訪先生の丁寧な発問と授業展開が印象に残りました。ノートに書いたので、自分で使っていきたいです。

2.野口先生のコメントから、教材や問題をもとに、生徒に自由に考えさせる活動をつくると授業がとても楽しくなると思いました。でも、それが自分の授業でつくるときにはどうすればその手法をつかえるのかがわからないのが悩みです。(→例会後の懇親会で話題になり、お話ししました。By野口)

3.諏訪先生の授業に対する野口先生の代案は、教室が熱中する様子が目に浮かびました。少しずつヒントを出し、自分の力で答えにたどり着く授業、目指したいです。また、そのような授業をする際には、子どもができなかった場合にどのようにブリッジをかけていくか、そこまで考え尽くしていなければならず、高度な授業なのだと分かりました。

4.町田先生の1分模擬授業に対して、それは20秒の授業だったというコメントがとても深いなと思いました。その授業で何を教えたいのか、何をできるようにしたいのか、1分でもできることは沢山あるなと思いました。

5.野口先生がサマーセミナーの講座を考えられているお話を聞きました。学び方をどうやって教えるのか。とても楽しみです。

6.江成先生の授業の野口先生の代案も大変印象に残っています。アプリでグラフを作るよりも、このグラフが式にできるという入りの方が興味が注がれると思いました。野口先生のように、「学びたい」と思わせられるような授業をつくれるよう学び続けます。

7.全員が授業を持ってきた。これはとても素晴らしい。どんなに拙い授業でも授業をするから学びがある。代案ありがとうございます。荒川はありがたい。

 

【第380回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:7月2日(土)20:00~22:10

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:10名

■内容:模擬授業等

(1)近況報告、移動教室の学び

(2)近況報告、実習生指導(教え子との再会)

(3)近況報告、他学年の移動教室引率

(4)模擬授業、数学、掛けて0になる式

(5)模擬授業、数学、二進法

(6)模擬授業、数学、二次方程式の文章問題

(7)模擬授業、社会、戦時中の地元の様子

(8)模擬授業、道徳、義足

(9)模擬授業、国語、短歌

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.黒杭先生の授業とてもおもしろかったです。短歌の授業ですが、学活や道徳の授業でやってみたいな、と思いました。

2.何のために二進法を学ぶのか、コンピューターの何に二進法が使われているのか。野口先生の見せて下さった画像は、興味を引きつけられるものでした。もっと私自身が詳しく調べて伝えられるようにならなければと思いました。

3.模擬授業させていただきました。野口先生の代案は全く自分が思いつかなかった発問でした。伝えたかったこと(戦争が国民を巻き込んでいった。私たちの町にも)がくっきりと伝わると思いました。授業を考えるとき「発問の形で」考えられていないのだと改めで自覚しました。

4.久しぶりに参加できてとても楽しかったです。どの授業にも共通して「何を最も伝えたいか」を明確にして授業を組み立てることの大切さを実感しました。また、自身の授業では、生徒の考え(教師の考えを超えるような)を予想しておき、発問の形にしておく必要を感じました。

5.野口先生の代案は数学も社会も、発問で組み立てられていました。教師の活動は少なく、子どもの活動が多い方が、子どもの思考が活発になり、授業としても深みが出ると思いました。

6.宮田先生の授業の代案で、野口先生が授業をされました。必要なスライドのみを扱い、指示・発問のみで授業を組み立てることで、ストーリーが自然と頭に入ってきました。発問に正対していない発言があっても、一語一句変えずに同じ発問をしていました。余計なことを言わないとはこういうことなのだと思いました。

7.野口先生の司会にも注目をしていました。同じテンポではなく、後半はギアチェンジをしていました。もっと学びます。

 

【第379回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:6月25日(土)20:00~22:35

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:4名

■内容:模擬授業等

(1)プチ講座、子どもに好かれる教師の共通点

(2)模擬授業、社会、歴史、世界恐慌

(3)代案模擬授業、世界恐慌

(4)模擬授業、国語、俳句、松尾芭蕉

(5)代案模擬授業、俳句、松尾芭蕉

(6)模擬授業、社会、国防と集団的自衛権

(7)代案模擬授業、社会、同盟の理論

(8)リクエスト模擬授業、公民、文化

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.「知識ではなく理解を促す」という言葉がとても残りました。そのためにどのような活動を組む必要があるか?授業を形にしていきたいです。

2.いっぱいありました。本の読み方、カーネギーの話、日常の生活で記憶として残す方法 授業の柱になる指針 相手に関心を持つとは、どうゆうことか 討論で知識を深める 思考場面につなげるには 代案を示してくださり、学ぶことがどうして頭に残るのかそれを体験できました

3.濃密な学びがたくさんあり、とても楽しくあっという間の2時間班でした。「野口先生を大好き」な生徒さん、社会の授業が2時間あると歓声があがる、というとてもうらやましいお話。どうして生徒がそのような気持ちになるのか、その秘密を教えていただいた例会でした。(というより野口先生の講座でした)授業づくりや教師の心得として覚えておくべき原則をしっかりと頭に入れる方法。そして、それを、例会の講座の中で、また、コメントの中で、また、野口先生の授業を通して教えていただきました。自分の「世界恐慌」の模擬授業。あまり上手くできませんでしたが、野口先生の代案と野口先生の授業までを見せていただくことができ、いただいたものがとても多く本当に感謝しています。ここには書き切れないのでまたMLに発信させていただきます。

 

【第378回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:6月18日(土)20:00~21:45

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:4名

■内容:模擬授業等

(0)相談、通信速度(オンラインの安定)について

(1)模擬授業、社会、歴史、大正デモクラシー

(2)模擬授業、道徳、国際貢献

(3)例会の感想

(4)相談、男女交際の生活指導について

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.分けて考える

2.宮田先生の司会チャレンジ頭が、下がります。

3.大正デモクラシーの授業をさせていただきました。とても難しく感じている単元です。とはいえ、自分の大正時代についての認識があまりにも薄かったことに絶句。明治時代とのつながり、国際的な情勢との関わりの中で大正時代の特徴を見極めるのか。と目が覚めた思いでした。

4.野口先生はすぐに代案を示すのではなく「この単元で何を考えさせればいのか」ということを授業形式で教えてくださいました。他の先生に負けないように頑張らねば!と焦りながら考えるのも楽しかったです。

5.野口先生のコメント「今まで習ったことがすべて生きると、生徒がついてくる」が印象に残りました。

 

【第377回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:6月11日(土)20:00~22:30

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:7名

■内容:模擬授業等

(0)みなさんの近況報告

(1)模擬授業、数学、連立方程式

(2)模擬授業、社会、歴史、第一次世界大戦

(3)模擬授業、国語、俳句、松尾芭蕉

(4)模擬授業、社会、公民、情報化

(5)模擬授業、数学、三次方程式

(6)情報交換、例会の進め方

(7)相談、若い先生の言動への対処

(8)相談、厳しい過程状況の転入生への対応

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.   江成先生が最初から最後まで明るい笑顔で司会をしてくださり、とても暖かい雰囲気でよかったと思います。また、司会をしつつもコメント代案も出されていてすごいなあ、と思いました。

2.   司会をさせていただきました。ご参加いただいた皆様のご感想が嬉しく、やって良かったと思いました。最後の野口先生のお話で、近況報告をするタイミング、時間の使い方等、工夫できる点は沢山あるのだと分かりました。

3.   山下先生の俳句の授業、まず取り上げられた題材がとてもおもしろかったと思います。また、野口先生の代案をお聞きしてとても解釈が深まりました。季語は何か?季節は何か?という基本的な発問。そして、解釈の分かれる「日」という語に着目させてところがとてもおもしろかったです。

4.   野口先生の俳句の授業の代案に感動しました。瞬時にあのような代案を出せるのが本当にすごいです。俳句の一文字一文字に拘って考えるからこそ、作者の言いたいことが見えてくるのだと体感しました。発問と巧みな対応によって、深く考え、楽しく討論できました。

5.   前回いただいたご意見をもとに、授業を作りかえ、見てもらいました。全体的に良くなったというご感想をいただけて嬉しかったです。でも、私が言いそびれた点を見抜かれ、ご指摘いただきました。同じ展開を繰り返すことで、やっていることに意味が分かり、型として身についていくのだと思いました。

6.   全ての模擬授業に共通していたことは「一番大切なことは何か」「教えたいことは何なのか」ということです。私は、授業は流れていてもポイントを外していたので、記憶に残らない授業になってしまいました。

7.   論理的に授業を組むということが印象に残りました。事例と教えたいことが一致していなかったため、おもしろいけど?みたいなという感じになってしまったかなと思います。

8.   懇親会の中で、学校でできることと(学校にきちんと出席している生徒ために授業に全力を注ぐこと)できないことは関係諸機関につなげていくことの判断の重要性を学びました。

9.   最後の野口先生の今後のサークル運営で、様々な視点を示してくださりました。取り入れていきます。

 

【第376回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:6月4日(土)20:00~22:20

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:9名

■内容:模擬授業等

(0)近況報告と、本日の例会で学びたいこと

(1)模擬授業、数学、連立方程式の応用

(2)模擬授業、数学、平方根の導入

(3)講座検討、数学、2つの点を通る直線の式

(4)模擬授業、数学、剰余の定理

(5)模擬授業、国語、和泉式部日記

(6)模擬授業、社会、公民、経済、生産活動

(7)報告と相談、特支社会、歴史人物すごろく

(8)模擬授業、道徳、相手目線

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.宮田先生の司会とってもよかったです!にこやかに、一人ひとりに温かく対応してくださりありがとうございました!

2.宮田先生の司会。入室した時から、宮田先生の明るい声が聞こえてきて、温かい雰囲気ができていました。冒頭の近況報告もあって、最近のお互いのことも分かり、アイスブレーキングになりました。終始笑顔で、楽しそうに仕切ってくださり、楽しい気持ちになりました。ありがとうございました。

3.宮田先生の司会への挑戦を見てこういう荒川の会での運営の参加の仕方ってあるのだなあと思いました。宮田先生苦手だと言いつつ、素敵な笑顔で落ち着いた司会をなさっていました。多分緊張した場面もあったと思うのですが、きっと今日の夜は昨日と違った風景が見えているのではないかと思いました。

4.江成先生の授業が印象に残っています。最近の江成先生の授業に共通していると思うのですが、数学が苦手な生徒が苦しむ部分を授業されているように感じます。(間違っていたら済みません)私も一時期そうしていましたが、なかなかうまくいかず、最近は授業しやすい部分をもっていっていました。自分がうまく授業できないところをもっていき提案しようと刺激を受けました。

5.数学が苦手な生徒役(?)が地でできる自分ですが、数学の授業4本とても楽しかったです。特に諏訪先生の授業は、ゴールは「ルート2」なのだろうとわかりつつも、そこに行き着く過程がとてもわくわくしました。最初~最後まで楽しかったです。

6.社会科の守屋先生の授業も生徒の意見を引き出して授業をされていました。自然と発言してしまう授業でした。

7.本日も例会ありがとうございました。何のためにやっているかわからないと、やらされ感が出てくるのだと思いました。全体を示し、作業の意見を理解させてから取り組ませたいと思いました。

8.検討ありがとうございました。授業がまとまらず、中途半端な準備になってしまいました。それでも違和感のある部分は皆さんにコメントしていただけて、これから修正する手掛かりになりました。普段やらないテーマを選んでしまい、教えたいことを絞るのが簡単なようで難しいのですがそれを一言で言えるような授業に作り替えます。

9.野口先生の授業。名物コンシェルジュの動画は面白く、発問によって考えさせられました。発問をメモしていたのですが、全ての発問が主発問に繋がるのだと分かりました。いつも教えていただいているように、主発問にむけて必要な発問は何かを考えてこの授業を作られているのが分かりました。

10.野口先生の授業は導入からすごく引き込まれ、最後にコンシェルジェの方と野口先生が重なりました。相手目線に立つことの大切さが心に残りました。

 

【第375回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:5月28日(土)20:00~22:05(懇親会なし)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:10名

■内容:模擬授業等

(1)模擬授業、数学、文字式を利用した図形の証明

(2)模擬授業、数学、確率

(3)模擬授業、社会、歴史すごろく

(4)模擬授業、道徳、認知症

(5)模擬授業、算数、ものさしを使った長さの測定

(6)授業映像分析講座、社会、歴史、江戸時代の農民

■参加者感想(印象に残ったこと)

1.上西先生のものさしの授業で、長さの単位が読めるようになったあとは、野口先生が教科書の長さを測らせる作業活動を入れるという提案に単純な学習内容に知的な学習へと変化するのが解説を聞きながら納得できました。

2.最後に見せていただいた野口先生の授業がとても勉強になりました。「具体的な発問・指示」「温かい授業雰囲気」「声の大きさ」自分の授業に生かせるポイントがたくさんありました。いくつかまねしてやってみようと思います。

3.映像分析から様々なことを学べました。特にノートチェックのお話はなるほど、と思いました。

4.野口先生の授業映像。めあてを板書するかに対する野口先生のお話に、めあての新たな視点をいただきました。教科や学習内容、授業展開などに応じて、対応していきます。

5.野口先生の授業について、チャットでのコメントの時間、ねらいを推理小説の犯人をおしえるようなものという考え方とっても面白い発想だと思いました。チャットで気づいたことわかったことなどの交換、私が読み取れなかったことなどを他の先生方から学ぶことができました。

6.コメントを言う際、「代案を示して」という野口先生の指示とてもハードル高い修業だと思いました。自分の考えた代案が例会の先生方に伝わるような工夫の必要性を感じました。

 

【第374回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:5月21日(土)20:00~22:00(懇親会~22:45)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:13名

■内容:模擬授業等

(0)アンケート「あなたは今日、何を求めて例会に参加しましたか?」

(1)模擬授業、数学、期待値

(2)模擬授業、数学、連立方程式の文章問題

(3)模擬授業、国語、カタカナで書く言葉

(4)模擬授業、数学、平方根、フラッシュカード

(5)模擬授業、道徳、技師装具士

(6)相談、生活指導

===ここから懇親会===

(7)講座検討、数学、例題後の説明練習

(8)模擬授業、道徳、問題意識の大切さ

■参加者感想(印象に残ったこと)

①初めて参加しました。お客さん状態で見学しましたが、充実した3時間でした。野口先生のコメントをメモにとりました。アウトプットして学校生活で活用できるよう復習をして参ります。本日は参加させていただきありがとうございました。

②連立方程式の文章題、若松先生の授業はとても分かりやすかったです。野口先生のお話から、子どもに何を達成させたいのか、そこに重点をおいた授業の展開が必要なのだと分かりました。日々の授業の目標をしっかり意識し、そのための策を考えるよう気をつけます。

③期待値の導入をやりました。なぜ期待値を学ぶのか、趣意説明となるような導入を目指したのですが、今回もしっくりこない授業だということが、やってみて分かりました。設定が面白くないというご指摘を聞き、自分の設定の不備に気づきました。自分にとって得か損か、という視点の方が考えやすく、今回の問題にも適しているのだと思いました。

④山下先生の授業がとても印象に残りました。とてもいい題材でその切り取り方もブラッシュアップされていました。更に野口先生の代案がすごかったです。生徒からどんな言葉を引き出したいのか?という視点。発問の組み立て。お聞きしながら山下先生の授業のねらいがはっきりと見えました。

⑤宮田先生のQに対する先生方のA。特に野口先生の言葉に、子ども達と関わるうえでの心の持ち方を学びました。

⑥生徒指導への野口先生のコメントです。自分に辛辣な生徒を目の前にするとカッとなってうまく対応できません。あらかじめどうするか考えておくことが大切だと思いました。

⑦何を求めて例会に参加するかというアンケートについて、私は、なんとなく参加している自分を反省しました。これから確かな目標意識を持って参加しようと思いました。

⑧懇親会の野口先生の授業がとても印象に残っています。目的意識を持つことの大切さを、言葉にすることなく、授業を通して気づかせる構造になっていました。普段の授業も、そのような構造になっているのだと思いました。目的意識を明確にして例会に参加します。

⑨懇親会では、ネタについてのお話が大変勉強になりました。問題意識をもちながら、ストックをためていきたいと思いました。

 

【第373回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:5月14日(土)20:00~22:00(懇親会~22:40)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:16名

■内容:模擬授業等

(0)報告、教育実習に来た教え子との思い出

(1)模擬授業、数学、平方根、フラッシュカード

(2)模擬授業、数学、相乗平均

(3)模擬授業、社会、平等権

(4)相談、生徒指導

(5)模擬授業、宇宙

(6)模擬授業、社会、歴史、聖徳太子

===ここから懇親会===

(7)模擬授業、国語、すみれとあり

(8)相談、授業作り

(9)報告、修学旅行の事前学習

(10)報告、修学旅行の事前学習

■参加者感想(印象に残ったこと)

①江成先生の授業の野口先生の代案でなぜそれを勉強するのかが理解できて、本時の内容に生徒達の抵抗感が減って、内容に入れるなと思いました。

②守屋先生の授業、山下先生の授業、とてもおもしろく引き込まれました。ただ、野口先生のコメントをお聞きして、何の教科の授業で何を教えたいのか、という観点で授業を見ることができていなかったことに気づきました。

③発問を作るまでの野口先生の思考回路が知れたのがとても学びでした。あのような道筋で作られてるから、中心となる発問になり得るのだなと感じました。

④参加してとてもよかったです。毎回ご指摘を受ける中で自分が授業の根幹に関わる部分を教えていただいています。生徒に伝えたいことは何か、生徒を伸ばすための言葉かけ、ノートを持ってきた後の具体的な声かけなど「あれども見えず」を教えていただきました。ありがとうございました。

⑤「1教材研究をしっかりやること」「2本時の学びを子どもたちにとって価値あるものにしていくこと」「3教えたいことを導くための組み立てにすること」野口先生のB表検定づくりのエピソードが印象的でした。悩んだらどうするか、行動しつづけること、考え続けることの大切さを学びました。

⑥聖徳太子の授業。知っていることを子どもに言わせる。活躍の場をつくる。気づかないうちにその意識が欠け、伝えることたくさんあるのにと、知識の詰め込みや発表の意欲や自信を奪っていたのではないかと、野口先生の授業を見て自分の授業を客観的に見ることができました。この例会に参加していなければ、客観的に見ることができなかったと思います。参加させていただき感謝いたします。

⑦急遽、野口先生の授業を講義してくださりありがとうございました。印象に残ったのが、「聖徳太子」の授業です。約9年ぶりにこの授業を受けることが出来たが、以前は生徒側でただ受けるだけであった。数年後にこうして教師側として、どこを注意するべきか、どのタイミングで発問をするべきなのか、なにを生徒に学ばせたいのかなどといった今まで知ることがなかった工夫点を知ることが出来て今後の授業展開に参考にさせて頂きたいです。また「知識」だけを知るのが授業だけでなく、その先の「理解」させるまでが一つの授業であり、そうした授業を展開していくためにはどのようにしたらいいかこれからの、人生で一つ一つ研究していきたいと思います。

 

【第372回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:5月7日(土)20:00~22:00(懇親会~22:40)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:9名

■内容:模擬授業等

(1)模擬授業、道徳、勉強やってない

(2)模擬授業、数学、虚数

(3)模擬授業、数学、二次式の展開の応用

(4)模擬授業、国語、平安貴族の恋愛

(5)模擬授業、俳句、蕉風

(6)模擬授業、道徳、給食の有難さ

===懇親会===

(7)質問、検定の授業に昇華させる方法

(8)質問、授業規律の指導

(9)質問、他クラスの清掃指導

(10)報告、卒業生のその後

■参加者感想(印象に残ったこと)

①山下先生からの学び:思いをもって毎回授業を持ってきて授業をやる。それは本当に素晴らしい。そんな方が成長しないわけがない。次回もとても楽しみです。

②いつも見学だけのことが多いので、とりあえず授業を持ってきて良かったです。思考場面を作ること、読解に生かすことを取り入れてリニューアルします。模擬授業のコメントが温かくも厳しく、細かい所まで教えていただける例会だと改めて思いました。

③自分の授業のどこが良くないのか、自分ではうすうす気づいていた点と、全く気づけていなかった点を指摘していただきました。例会で見ていたく意味を改めて実感しました。生徒の前で授業するまでにまだ時間があるので、バージョンアップしたいです。

④言語化できないのだけれど、授業がうまくいかない、そのポイントを野口先生はズバリ、コメント・代案で示してくれます。また模擬授業にチャレンジします。

⑤ありがとうございました。懇親会を含め、今週あった出来事が例会に参加して来週に向けて活力になりました。毎回指摘して下さることが、生徒の前にたつ時、生かされています。

⑥懇親会での、御話。町田先生の授業の際生徒の様子や反応をよく見て、授業改善に近づけていく姿参考になりました。私も追試します。

⑦懇親会で話題になった生徒の反応を見ることの大切さ。まず自分を許せない自分を認めることが始まりになるという話。

⑧野口先生の模擬授業の代案がどれも楽しくワクワクしてきました。私もいただいた代案で授業を作ってみます。

⑨給食の授業への野口先生の代案が、即興で作られたものには思えませんでした。引き込まれる写真、心を引きつけられる展開によって、最後には先生の伝えたいことが感情として沸いてくる授業でした。力のある資料を探し、教師の言葉は少ない授業を目指したいです。

 

【第371回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:5月3日(火)20:00~22:00

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:9名

■内容:模擬授業等

(1)講座検討、数学、苦手な子も巻き込む授業の導入

(2)講座検討、数学、時間差をうめる授業のポイント

(3)講座検討、社会、資料を活用した授業のコツ

(4)講座検討、数学、教科書の構造を生かした授業の展開

(5)講座検討、数学、授業が楽しくなるポイント

(6)講座検討、音楽、テンポよく授業を進めるポイント

(7)オンライン検定検討、道徳、給食への感謝

■参加者感想(印象に残ったこと)

①みんなが頑張っている。講座作りを楽しみます。

②講座検討ありがとうございました。代案を活かして、ラストスパート頑張ります!

③日頃から分かる、できるは意識していますが、「解けて嬉しい!」という気持ちまで持っていく授業がそもそも普段からできていないのだと分かりました。

④最初の導入について「できないものができるようになる」組み立てに野口先生が時間をかけるということに感動しました。私は、2問100点前時の公式に数代入の単細胞な問題を解かせていました。そして100点とれたねと褒めていました。生徒もご機嫌で、私は本時の授業になだれ込むという展開です。それで満足していた自分を反省しています。

⑤タイトルと講座内容の正対です。町田先生のご指摘はごもっともで、私は都合良く講座タイトルを解釈していました。「資料活用」の部分をもう少し突き詰めようと思います。

 

【第370回「TOSS荒川の会」例会】

■日時:4月30日(土)20:00~22:00(~22:30懇親会)

■場所:オンライン(ZOOM)

■参加者:9名

■内容:模擬授業等

(1)模擬授業、道徳、はなちゃんの味噌汁(松下先生追試)

(2)語り検討、自然教室事前指導

(3)模擬授業、歴史、日清戦争

(4)講座検討、数学、時間差をうめる授業のポイント

(5)講座検討、数学、授業が楽しくなるポイント

(6)模擬授業、道徳、義足で走る

===ここから懇親会===

(7)講座検討、数学、苦手な子も巻き込む授業の導入

(8)講座検討、音楽、テンポよく授業を進めるポイント

(9)講座検討、行事を盛り上げる事前指導のポイント

■参加者感想(印象に残ったこと)

①講座検討も含めて、みんなが授業をしている。大熊先生の語りを続けている姿勢が良い。山下先生の道徳も毎回進化している。若松先生の講座は次回での進化が楽しみです。

②遅れての参加でした。ちょうど大熊先生の語りについてのコメントの最中でした。毎回のように語りに挑戦されるお姿、本当に尊敬します。

③山下先生の授業はすごくブラッシュアップされていたし、大熊先生は語りもめざましく上手になられていて、皆さんすごいなあ、と思いました。また、その上でもう一歩進んだ野口先生のコメントもすごかったです。

④野口先生の語りにぐっと引き込まれました。情景が目に浮かんできました。先生の実際の体験談であり、先生の立場としての大変さも分かり、子どものことを大切に思われている気持ちも分かり、全く説教ぽくなく聞きやすいものでした。

⑤野口先生の語りをするときのキーワードのお話が聞けて、とても勉強になりました。語りをするときにキーワードを頭に入れて語りたいです。

⑥自分の授業は、風刺絵と教科書の内容が分断してしまうところが気になっていましたが解決できないまま、授業をしていました。野口先生の代案をお聞きしてもっと絵を読み込むことで風刺絵と教科書を繋げることができるのだということがわかりました。

 

HP更新データ

2022.8.18.更新

 最近の例会記録

2022.8.17.更新

 最近の例会記録

2022.8.14.更新

 最近の例会記録

2022.8.11.更新

 今後の予定変更

・8/18フィードバック例会

・8/20の例会は中止

2022.8.7.更新

 ZOOM例会予定

2022.7.30.更新

 最近の例会記録

2022.7.29.更新

 ZOOM例会予定

2022.7.23.更新

 最近の例会記録

2022.7.17.更新

 ZOOM例会予定

 最近の例会記録

 8/20企画例会

2022.7.12.更新

 ZOOM例会予定

2022.7.10.更新

 サークル規約・入会申込

2022.7.3.更新

 最近の例会記録

2022.6.25.更新

 最近の例会記録

2022.6.18.更新

 最近の例会記録

2022.6.12.更新

 最近の例会記録

2022.6.4.更新

 最近の例会記録

2022.5.30.更新

 ZOOM例会の注意事項

 終了時刻が「検討事項

 なくなり次第」に変更

2022.5.28.更新

 最近の例会記録

2022.5.22.更新

 最近の例会記録

2022.5.14.更新

 最近の例会記録

2022.5.7.更新

 最近の例会記録

2022.5.5.更新

 5/4中学授業講座報告

2022.5.4.更新

 最近の例会記録

2022.4.30.更新

 最近の例会記録

2022.4.24.更新

 最近の例会記録

 例会予定ZOOM例会

2022.4.17.更新

 最近の例会記録

2022.4.10.更新

 最近の例会記録

2022.4.3.更新

 最近の例会記録

2022.3.30.更新

 3/29/学級経営講座報告

2022.3.29.更新

 最近の例会記録

2022.3.27.更新

 最近の例会記録

2022.2.24.更新

 例会予定ZOOM例会

2022.3.20.更新

 最近の例会記録

2022.3.5.更新

 最近の例会記録

2022.2.20.更新

 最近の例会記録

2022.2.12.更新

 最近の例会記録

2022.2.6.更新

 最近の例会記録

2022.1.30.更新

 最近の例会記録

 ZOOM例会(3月申込)

2022.1.22.更新

 最近の例会記録

2022.1.16.更新

 最近の例会記録

2022.1.4.更新

 例会予定ZOOM例会

2021.12.28.更新

 最近の例会記録

2021.12.18.更新

 最近の例会記録

2021.12.12.更新

 例会予定ZOOM例会

 最近の例会

※更新データの更新を忘れていましたがデータの更新は例会毎に行っています。

2021.10.31.更新

 最近の例会記録

2021.10.16.更新

 最近の例会記録

2021.10.10.更新

 最近の例会記録

2021.9.26.更新

 例会予定ZOOM例会

 最近の例会記録

2021.9.18.更新

 最近の例会記録

2021.9.5.更新

 最近の例会記録

 規約改正

2021.9.4.更新

 ZOOM例会予定追加